FC2ブログ
10月2日(土)の午後、天候にも恵まれ、コンサート会場と化した工房は大勢の人であふれ、いよいよ北ドイツ交響楽団ロストックの首席コントラバシストフランク・トゥーネスさんのコンサートが始まりました。モーツァルトの時代に作られたという200歳のコントラバスは、フランクさんと一体となって深く澄んだ音色を奏で、聞き入る聴衆の心の奥底を揺さぶり、会場全体に感動の波が伝わっていきました。http://herb-kobo.com/concert.html

普段はオーケストラの右後ろでしか見られない遠い存在のコントラバスが、今日はすぐ目の前にありました。フランクさんのすばらしい才能と研ぎ澄まされた音楽感性により、私たちはいつの間にかコントラバスの世界に引き込まれ、魅せられていきました。あっという間に時間は過ぎ、コンサート後に行われた彼のCDとサイン会には長蛇の列ができ、50枚のCDはあっという間になくなってしまいました。

この企画は、本来北ドイツ交響楽団ロストックが中国公演に来る機会を利用して計画されました。しかし、その予定が変更となり、半ばあきらめていたところ、彼のご厚意により単独で日本に来て下さり、実現したものです。フランクさんの気さくで温かい人柄が、国境を越えて、はあぶ工房Togetherの活動支援へとつながりました。感謝の気持ちでいっぱいです!この後3人は、翌日の東京赤羽教会でのコンサートのために、慌ただしく東京へと向かいました。ほんとうにありがとうございました!
前夜のリハーサル風景
前夜のリハーサル風景
CDサイン会
CDサイン会(今回の通訳兼マネジャーであり、現在ドイツ・デトモルト音楽大学指揮科に留学中の坂井直子さんと)
pianistの河村晶子さんと
ピアニストの河村晶子さんと(晶子さんブログ

6日間の桑名滞在中、練習の合間を縫って一泊旅行に出かけました。奈良の東大寺、伊賀上野城、榊原温泉、伊勢神宮、伊勢志摩国立公園etcを楽しんでいただきました。日本の旅の良き思い出となったようで、嬉しく思っています。またいつか、彼のコントラバスの素敵な音色が聴ける日が来ますように・・・
東大寺で子ども達に囲まれて
東大寺で子ども達に囲まれて
うどんに挑戦
うどんに挑戦
伊勢志摩パールロードの見晴台から
イベント
 | HOME |