冬のハーブ園

2011/12/16 Fri 11:02

今年も残りわずかとなり、ハーブ農園作業も1月と2月は冬眠を迎えます。そのため、12月は冬越しの準備の大忙しです。この日はいつもお願いしている牧場より、コーヒーかす等を混ぜて発行させた牛糞をトラックいっぱい届けてもらいました。みんな総出で、スコップと袋片手に届いたばかりの牛糞を袋に詰め、裏の保管場所に運びました。寒い中肉体仕事のお陰で、みんなの顔はきれいなピンク色に染まっていました。
111214牛糞

東南アジア育ちのレモングラスはとても寒がりや。今年もボランティアさんに暖かいワラを敷いて、上からビニールカバーを掛けてもらい、冬の準備を完了しました。どうか寒さに負けず、来年の5月頃緑の葉を伸ばしてくれますように・・
111214lemonglass.jpg

同じく夏の子バジルも一年の命を終えようとしています。今年は暖かかったので、12月まで何とか持ちこたえてくれました。が、いよいよ霜にやられて緑の葉は、茶色く変色してしまいました。バジルは一年草なので、今年収穫しておいた種を来春播いて新しく育てます。今年も元気に育ってくれたバジルのお陰で、沢山のバジルペーストを作り、オリーブオイルをつけ込むことが出来ました。ありがとう!
111214バジル

11月末に植え付けた玉ねぎの苗も元気に定着してくれたようです。この苗は自然農法で化学処理をしていない苗を購入し、植え付けたものです。来年大きく育って、また工房のピザの食材として活躍してくれるはずです。
111214玉ねぎ

自分たちで土作りを行い、種を播いたり、安全な苗を手に入れてそれらを育て、様々な製品作りに活かします。食の安全が脅かされている近年、安心なハーブや野菜を提供できることは、本当に嬉しく貴重なハーブ農園であるとみんなで頑張っています。


日記
 | HOME |