3月もあっという間に半ばとなり、ハーブ農園もスタートしました。カモミールやミントたちが春を心待ちにしていたようで、ぐんぐん大きくなってきました。もちろん一緒に雑草たちもハーブに負けじ!と頑張っています。
 さて、去る3月3日に、はあぶ工房Togetherではビッグイベントがありました。三重県知事の鈴木英敬氏が、はあぶ工房Togetherのお店に来て下さったのです。知事は、県内で活動している様々な団体を訪ね、直に県民の方々と触れ合い、話し合いの場を持たれることを目的とした「みえの現場・すごいやんかトーク」の一環として、今回は、はあぶ工房Togetherにお越し下さいました。
 工房自慢のハーブティーとシフォンケーキを参加者全員でいただきながら話し合いの時を持たせていただきました。きさくな知事のお人柄から参加者も気負うことなく、はあぶ工房の活動内容を中心としたざっくばらんなトークを楽しんでいる様子でした。その時の写真は、トップページからご覧いただけます。トークの内容も、リンクしてある県のホームページからもうすぐご覧いただけると思います。
 余談になりますが、私にとっては今回の知事の訪問で、もう一つ嬉しいことがありました。その日に知事に同行してきた秘書さんは、実は私の教え子でもありました。(過去に長年英語塾をしておりまして、彼とは中高6年間一緒に勉強をしていました。)こんな形で会うことになろうとは夢にも思っていなかったので、とても嬉しく、彼の頼もしい仕事ぶりにも触れることができた感慨深いひとときでした。
日記
 | HOME |