収穫祭当日は朝7時まで雨が降っていました。みんなの思いが通じて集合時間の八時半には雨が上がり、それ程寒くもなく晴れ間が見える天気へと変わっていきました。本当に感謝!の一言。
 しかも更にラッキーなことが・・・朝6時半の時点で雨が降っていたため、赤須賀の漁が中止となり、集合時間には10人を越える漁師さん達がお手伝いに駆けつけて下さったのです!!今年は漁師さん、ボランティアさん、スタッフ合わせて総勢67名。3カ所のみかん園に分かれていざ出発〜!
17収穫風景

17収穫風景2

 今年は前回のブログでお伝えしたように、春先の天候不良とイノシシと鹿の獣害のためにみかんの出来が非常に悪く、第3みかん園が加わったと言えども、残念なことに今年の収穫量はそのため、多少青い顔をしたみかんも全部利用。それでも昨年の4割ほどにしかなりませんでした。みかんの量が少なかったうえ、漁師さんがせっせとコンテナを運んで下さり、10時半には作業のすべてが完了したのです。大勢での収穫作業は何と早いんでしょう!
17空きコンテナ
(100箱用意したコンテナは、51箱しかみかんで埋まらず、あとは悲しいことに空でお持ち帰りとなりました。)
17収穫祭集合写真
(みんなですれば本当に早い~心地よい達成感でハイ!ポーズ)

 駐車場に戻り、おにぎりを配って11時には解散となりました。その後冷たい風が吹き始め、なんとぎりぎりセーフのお天気に感謝でした。リースのトラックが到着するのは12時45分頃。それまで漁師さんと一部のスタッフが残ってトラックを待ちました。到着後、約1トンのみかんは漁師さん達の見事な連係プレーであっという間にトラックの中へ移動。その間たったの5分ほどでした!日頃から大量のシジミや蛤を扱っている漁師さん達ならではの作業風景に、見とれている間にすべてが完了しました。

17収穫みかん
(少し青いみかんもジュース工場行きとなりました。)
17みかん積込作業
(漁師さん達の見事な連係プレーであっという間にトラックの中へ)

 今年も大勢の方々が「はあぶ工房」のみかん収穫祭のために貴重な休日を返上してお手伝いに駆けつけて下さり、本当にありがとうございました。活動を支えて下さる温かい人達の絆は「はあぶ工房」の何にも代え難い財産であり、私たちの誇りです。
 
 翌日の朝には昨年お世話になった熊野のジュース加工場「夢工房くまの」に収穫したばかりのみかんを搬入し、その日のうちにジュースとなって桑名に戻ってきました。今年は昨年よりグッと少なく510本でしたが、お味は少し青いみかんも加わって昨年より「さっぱり・きりっとした」ジュースに仕上がっています。ぜひ今年特有のプレミアムジュースを楽しんでいただきたいと思います。 
多度みかんプロジェクト