FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 3月13日(火)に赤須賀の漁師さんたちが「ハーブ祭り」の打合せに工房へ来て下さいました。
今年も漁師さん達による「桑名の焼きハマグリ」と「しじみ汁」をイベントで振る舞って頂けることになりました。
漁師さん達の参加は何とも頼もしく、「ハーブ祭り」が大いに盛り上がること間違いなし!今年は4月7日(土)ですが、九華公園の桜がどうか散ってしまいませんよう祈るばかりです。

 昨年はハマグリ(大)の値段が一気に跳ね上がり大盤振る舞いとなってしまった経験から、今年は(中大)の大きさにしてはどうかという提案を漁師さんからいただき、明日浜で行われるハマグリのせりを見に行って大きさを確認させて頂くことになりました。

 何度も「シジミプロジェクト」の調査で来たことのある赤須賀漁港ですが、ハマグリのせりを見るのは初めてでワクワクしながら向かいました。舟はすでに港に帰って来ていて、漁師さん達は規定内の大きさのハマグリを定められた重さだけ網の袋に入れ、台車に乗せて次々と集会所に集まって来ました。
hamaguri.jpg

一番奥にはせりを取り仕切る漁師の方やハマグリを競り落とす仲買人の人達が見受けられました。順番にハマグリがせり台の上に載せられ、そのハマグリを仲買人が品定めしながら競り落とされていきました。こんな風にして赤須賀のハマグリはあちこちに売られていくのですね〜。
せり1

seri2.jpg

 さて、私の本来の目的に戻ります。せりにかけられる前に「中大」と呼ばれる大きさのハマグリを漁師さんに見せてもらいました。その中から大きい目と小さい目のハマグリを一つずつ網から出してもらって、大きさを確認させて頂きました。漁師さんとも相談して、今年はこのサイズのハマグリを炭火で焼いてもらい、2個ずつお皿に乗せて販売することにしました。願わくば「ハーブ祭り」の頃、昨年のように相場が跳ね上がりしませんように〜!
hamagurisize.jpg
日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。